創意工夫点

 開口部の少ない蔵ならではの悩みを解決すべく,天井に開口を設け,自然光が取り入れられるように設計。2階のロフトにも,間仕切りにガラスをいれ,取り入れた光を他の部屋にも入るようにした。築80年の家であり,綿密な耐震計画とともに,耐震補強を行った。施工の際には,基礎部分に石が使われており,床下の湿気が逃げにくかったことから,換気扇を設置し,基礎補強も行った。「築80年のこの家を残したい!」という想いと「モダンな雰囲気にしたい」ということから,外観はそのままに耐震補強をし,空間を広く取りシンプルモダンテイストにした。

選評

 既存の蔵を大切にする発意が尊い。蔵の記憶を残しながら,光や風を工夫し,さらりとインテリアだけをリフォームして現代風のライフスタイルを実現している。あまり大げさではなくできるリフォーム例として評価した。