創意工夫点

 日本の風土気候に合った「日本の木の家」。合板などの新建材を一切使わず,日本の木造建築の技術を生かした構法で接合部に金物を使わず,伝統的構法による手刻みの仕口・継手,加えて理論と実証に裏付けされた構造「渡り顎構法」と言われる構法を採用。梁,桁,小屋などを顕しにし,木構造の美しさを表現。日本の蒸し暑い夏を考え,建物の中央を貫く空気の流れ道,日射角度を考慮した「軒の出」など,機械的空調に極力頼らない「家」。