• 坂西二丁目の家 Before写真1

創意工夫点

 道路の建設に築約80年の店舗付き住宅がかかり,建て替えるのではなく,減築を行い,古材を活かす計画とした。道路建設により,地盤が現在より約70㎝が上がるため,建物を持ち上げ,ベタ基礎を新設するなど,変化する周りの環境に合わせながらも古民家の趣を残し,耐震性や省エネ性の向上を確保した。
 仏間と床の間を移設して残すなど,先祖から伝わる住まいを大切にしながらも,住宅の性能を向上させたいとの建築主の要望を,創意工夫の積み重ねにより実現した。

選評

 家引き・家上げという言葉を聞かれて“?”と思われる方が今ではほとんどではないでしょうか。
 昔の建物は柱も太く,家に木材自体がふんだんに使われており建物を移築して再利用するのが主流でした。その伝統を継承しつつ,今の時代にあったリフォームを見事に完成されており,思い出の品を残しながら各処に再利用し施工された大工さんもさぞ大変だったのでは。施主の満足度も高く古き良質の建物の再生活用の成功事例としてご覧いただきたい。